カルシウムの働き:「イライラを抑える」は間違い?


スポンサード リンク


カルシウムの働きとは、体内において
どのような役割をはたすのでしょうか?


丈夫な歯や骨を作る働き


カルシウムは体重の1〜2%を占めますが
そのうちの99%は骨や歯に存在しています。


残りの1%のカルシウムは
「血液」・「組織液」・「細胞」に含まれており、
そのうちの血液中のカルシウムが低下すると
骨のカルシウムが溶け出してしまい、
やがては骨粗しょう症へと繋がってしまいます。


よって、若い年代における「骨形成」という
代表的なカルシウムの働きのためだけではなく、
どの年齢層の方にとってもカルシウムの摂取は
骨にとってとても重要なことと言えます。


動脈硬化や高血圧になることを防ぐ


カルシウムが不足してしまうと
骨や歯からカルシウムが溶け出してしまい
血管や脳などの様々な細胞に蓄積されてしまいます。


こうして蓄積されたカルシウムが
血管に蓄積すると高血圧や動脈硬化の原因に、
脳に蓄積すると認知症やアルツハイマーの原因に、
免疫細胞に蓄積すると免疫不全の原因となります。


カルシウムの不足が過剰を生んでしまうという
こうした状態を「カルシウム・パラドックス」
と言います。


イライラを抑える働きがあるって本当?


いつもイライラしている人には
冗談交じりでカルシウム不足を疑ったりしますが、
それは解釈に誤りを含んでいます。


ヒトの体は強いストレスを受けると
血中のカルシウム濃度が低下することがあります。
(また、血液中のカルシウム濃度が低下するという
病気があることが知られています)


すると、血中のカルシウム濃度を維持しようと
骨からカルシウムが補給されます。


つまり、血液中のカルシウム濃度が低下しても
骨からカルシウムを供給することで
そのカルシウム濃度を一定に保つ機能があるため
すぐさまイライラしやすくなるというのは考えにくく
カルシウム不足とイライラについては
相関関係は認められないという説が
現在では一般的のようです。


(※カルシウムには脳神経細胞の
異常な興奮を鎮めるという働きがあり、
そこからイライラするような症状を
低減するという説もあります)


様々な病気を防ぐ働き


その他のカルシウムの働きとしては
くる病の予防、尿路結石の予防などがあり
そうした病気にならないためにはカルシウムの
適正な量の摂取が求められます。



スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。